• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

きゃらぶき

無事に水煮実山椒をみつけたのできゃらぶきを作りスタート。

k-01.jpg

材料は、山ぶき3束、水煮実山椒50g、醤油、お酒、水あめ。↑
料理酒は塩分が多いので、写真の清酒を使用。
安い酒ならなんでもいいと思うが、まぁこれが手頃なんで。
あと、水あめは前回使った残りなんで、
たぶん甘みが足りないだろうと、砂糖も用意。

まず水洗いをして3センチ程の長さにカット。↓
筋は取らなくて良いので、このあたりは楽ちん。

k-02.jpg

たっぷりの水を入れた鍋に投入。↓

k-03.jpg

ぐらぐらと10?15分程度ゆがく。↓

k-04.jpg

アク抜きのため水にさらす。↓
数時間?半日ほどでも良いらしいが、
ワタシの場合は一気に作るのが面倒なんで、ここでほっぽっとく。
なので、1日以上浸かってる計算。
本当は流水で数時間が良いんだろうが、
暑い季節でもないのでこのまま放置。

k-05.jpg

酒、醤油、水あめ、水煮実山椒を投入。↓
酒は、ふきがひたひたになるぐらい。なので、水は一切入れない。
蕗から水分が出るので酒の量が少なく感じても平気。
いい加減な性格なんで、醤油、水あめは適量。
あとで、味をみながら調整すればいいや、というノリ。
鍋はテフロン加工の22センチ雪平鍋。
この鍋だと、焦げ付きにくいので長時間の煮物には最適。
これでジャムも楽に作れる。

k-06.jpg

中火にかけて、煮込み開始。↓

k-07.jpg

1時間半ほど煮るとこんな感じ。↓
アクが出れば丁寧に取る。
が、今回は何故かアクが少なかった。さらす時間が長かった所為か、
もともと蕗にアクが少なかった所為か定かではないが。
ともあれ、気長に中火でコトコトと煮る。絶対に強火にしないように。
途中、甘みが足らないなぁーと感じて、砂糖も投入。

k-08.jpg

煮込みから2時間。↓
ちょっと今回は醤油が足らなかった感じ……。
なので、ちょっと醤油を足してみたり。

k-09.jpg

煮込みから2時間半。↓
そろそろ水気がなくなってきた。
あともう少しな気配。

k-10.jpg

煮込みから3時間。↓
水気もなくなって、完成。

k-11.jpg

3時間もずーっと鍋にへばりついてるわけでもなく。
時々かき混ぜたあとは、テレビをみたり風呂に入ったりと放置状態。
ただ、最後の30分は要注意。
下手すれば焦げるので、このあたりは鍋についてるほうが安全。
前回は甘味を水あめオンリーにしたので、ねばねば感がかなりあったが、
今回はわりとサラッとした感じに煮あがった。
やっぱり醤油が足りなかったようで、前回より色も味もちょっと薄い感じ。
蕗の量に対して50gの山椒は多いかなと思ったり。
結構風味が強くなった感。でも妙に余らしても使い道ないしー。
ともあれ、自分で食う分には問題なし。
山椒はお好みなので、無理に入れなくてもOK。なくても美味しくいただけます。
また、山椒の代わりに、じゃことか鰹節とか入れるのも有。
要は自分好みで作るってことですね。


以上、さくら家のきゃらぶきクッキングでした。
スポンサーサイト

| 雑記 | 2010-04-26 | comments:4 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。